キッズ・ラボラトリーのメリット・デメリットは?おもちゃレンタルはお得か調査!

おもちゃ 気になること

おもちゃの定額レンタルサービスの『キッズ・ラボラトリー』。

最近おもちゃのサブスクサービスがテレビなどで取り上げられ、気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回おもちゃの定額レンタルサービス『キッズ・ラボラトリー』のメリット、デメリットについて調べてみました。

まずメリットはたくさんありますが、大きく5項目に分けて掘り下げます。

  • 値段が高い知育玩具がレンタルで手に入る
  • 30日間全額返金保証
  • 交換が何度でもできる
  • 気に入ったら安い価格で買い取りできる
  • 子供の成長に合わせておもちゃを交換していける

次にデメリットについても、注意事項や口コミを見ながら5つについてまとめました。

  • おもちゃの中身を自分で選ぶことができない
  • おもちゃが届くときに1,000円かかる
  • 利用料金がやや高め
  • 返却が面倒
  • 2020年1月15日から始まったばかりなので口コミが少ない

メリット、デメリットを考えながら、キッズ・ラボラトリーがお得なのかを検証してみました。

キッズ・ラボラトリーを利用したいなと思っている方や気になっている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

キッズ・ラボラトリーの概要まとめ

まずはじめにキッズ・ラボラトリーの概要をまとめました。

キッズ・ラボラトリーはサブスク、サブスク、と昨年は流行語にもノミネートされた最近流行りの会員制定額サービスです。

そのおもちゃのサブスクサービスの中でも、キッズ・ラボラトリーは2020年1月15日から始まったばかりの新しいサービスですね。

コースは全部で2コースで、毎月コースと隔月コースがあります。

  • 毎月5~7個のおもちゃが届く毎月コース:月額3,980円(税抜)
  • 隔月に4~7個のおもちゃが届く隔月コース:月額2,340円(税抜)
  • お届けのみ+1,000円(税抜)
  • 返却時の送料無料
  • 日常使いの傷や汚れの保証付き
  • 交換は何度でもOK

と以上がサービスの概要となっています。

キッズ・ラボラトリーのメリット

キッズ・ラボラトリーでおもちゃをレンタルすると、どんなメリットがあるのかあげてみました。

メリットは以下の5つに分けています。

  • 値段が高い知育玩具がレンタルで手に入る
  • 30日間全額返金保証
  • 交換が何度でもできる
  • 気に入ったら安い価格で買い取りできる
  • 子供の成長に合わせておもちゃを交換していける

サービスの内容とともにメリットを紹介していきますね。

メリット1:値段が高い知育玩具がレンタルで手に入る

キッズ・ラボラトリーでは毎月コースの場合有名ブランドやグッド・トイアワードで受賞したおもちゃが最低一つは送られてきます。

公文の知育玩具やボーネルンドのおもちゃなどは買うと結構な金額になりますよね。

それに買ったはいいものの遊ばなかったりしたら、ちょっともったいないです。

キッズ・ラボラトリーでは、そんな高価な知育玩具を定額の安い料金でレンタルできます。

どんなおもちゃがいいかわからない・・・という場合も、知育玩具コンシェルジュが相談に乗ってくれますよ。

メリット2:30日間全額返金保証

おもちゃが送られてきたけど、サービスが不要となってしまった場合、30日以内なら未開封のものに限り全額返金をしてくれます。

頼んだけど、やっぱり必要なくなった場合や気が変わった方に向けてのサービスですね。

開封してしまった場合は対象外なので注意してください。

〈30日間全額保証の概要〉

  • 初めてのご注文に限る
  • 未開封のものに限る
  • 商品到着後、30日以内に連絡
  • 送料は申込者負担
  • 2回目以降は受け付けない

ちなみに不良品や破損品、注文内容と違うものが届いた場合はキッズ・ラボラトリーが送料負担で交換をしてくれるそうです。

メリット3:交換が何度でもできる

キッズ・ラボラトリーでは、おもちゃの交換が何度でもできます。

届いたおもちゃに興味を示してくれなかったり、手持ちのおもちゃとかぶってしまったなどで、すぐに交換したい場合でも対応してくれます。

ただし、おもちゃを送ってもらう場合には1,000円(税抜)がかかるため注意が必要です。

何度でもおもちゃの交換ができますが、そのたび送料がかかるため変えたい放題とはいきません。

メリット4:気に入ったら安い価格で買い取りできる

子どもがおもちゃを気に入って、同じものを買ってあげたいな・・・と思った場合、通常より大幅に安い価格で買い取ることができます。

中には定価の半額という商品もあるそうですよ!

人気のあるものや高価な知育玩具が中古とはいえ、お得に手に入ります。

毎月色んなおもちゃをお試しで遊び、子供にぴったりだと思ったものや、このおもちゃは子供にやらせたい!と思ったものなど購入する・・・という方法もいいですよね。

メリット5:子供の成長に合わせておもちゃを交換していける

キッズ・ラボラトリーでは興味がなかったおもちゃや遊ばなくなったおもちゃは、返却交換できます。

おもちゃは買っていくとどんどん増えていき、家の中はおもちゃだらけ。

収納場所を増やしても増やしても足りなくなってきます。

遊ばなくなったものは、あげたり、捨てたりと手間も大変ですよね。

でもキッズ・ラボラトリーなら遊ばなくなったおもちゃを返却して、次に新しいおもちゃが届くのでお子さんもワクワク、ママもおもちゃが増えすぎてイライラすることもなくなります。

そしてなんといってもおもちゃの対応年齢の広さ。

キッズ・ラボラトリーでは0歳から8歳までのおもちゃに対応しています。

転勤族の方やミニマリストの方などは、あまり持ち物を増やしたくないと思うのでキッズ・ラボラトリーがおすすめですね。

キッズ・ラボラトリーのデメリット

何事にもいい面があれば、悪い面もある・・・ということで、デメリットについてもまとめてみました。

デメリットは以下の5つですが、その解消方法などについても掘り下げていこうと思います。

  • おもちゃの中身を自分で選ぶことができない
  • おもちゃの破損や紛失に注意が必要
  • 利用料金がやや高めでおもちゃが届くときに1,000円かかる
  • 返却が面倒
  • 2020年1月15日から始まったばかりなので口コミが少ない

デメリット1:おもちゃの中身を自分で選ぶことができない

おもちゃは知育玩具コンシェルジュが選んでくれますが、やはり子供が興味を示す示さないなど当たり外れがあります。

  • 思ってたのと違った
  • 借りたいおもちゃと違うのが来た
  • 似ているもちゃを持っていた

などと人によってはあれ?と思う場合もありますね。

送られてくるおもちゃを希望の商品で…というのは難しいですが、申し込みするときにコンシェルジュとよく相談することをおススメします。

走することで、すでに持っているおもちゃとの被りを防いだり、子供に合ったおもちゃが届きますよ。

デメリット2:おもちゃの破損や紛失に注意が必要

キッズ・ラボラトリーはおもちゃのレンタルなので、なくしたり破損した場合は弁償しなくてはならない場合があります。

軽微な破損や紛失については、特に補填は必要としていませんが、修復が不可能な破損の場合で、且つ、紛失時の安心サービスに未加入の場合については、補填のご相談をお願いしています。

◎修復が不可能な破損の場合とは

  • プラスチックのおもちゃが割れていて、次に使う時に怪我をする可能性がある場合
  • 打楽器おもちゃの「ばち」が無いなど、本来の使い方が出来なくなった場合場合
  • 水遊び可能と書いていないおもちゃで、水遊びをされた場合
  • 喫煙環境でおもちゃを利用し、おもちゃにタバコの臭いが付着した場合
  • マジックやクレヨンなど、清掃にて取り除くことが難しい落書き・汚れが発生した場合
  • ペットの噛みあとや毛の付着などにより、おもちゃの継続利用が難しい状態になった場合
  • その他、当社が判断する破損や紛失

紛失した場合には、お手元のおもちゃのレンタルを継続し、おもちゃ本体またはパーツを探していただく、または紛失したおもちゃ本体またはパーツの代金のお支払いをお願いしています。

キッズ・ラボラトリー公式ページより引用

ただし、キッズ・ラボラトリーでは紛失や破損した場合に補填の必要のない、紛失安心サービスというものがあります。

このサービスに入っていれば、万が一壊したり、パーツをなくしてしまった場合でも安心できますね。

紛失安心サービスは月額基本料金+1,000円となっています。

ちなみになくさないようにするために、小さなパーツの多いおもちゃの場合、遊び終わったらしまう・・・などおもちゃの管理に工夫するといいですよ。

デメリット3:利用料金がやや高めでおもちゃが届くときに1,000円かかる

キッズ・ラボラトリーの利用料金は、以下2コースから選ぶことができます。

  • 毎月5~7個のおもちゃが届く毎月コース:月額3,980円(税抜)→1日132円
  • 隔月に4~7個のおもちゃが届く隔月コース:月額2,340円(税抜)→1日78円

さらに基本おもちゃが届くたびに1,000円プラスされてしまいます。

おもちゃの交換は何度でも・・・となっていますが、送料がかかるため何度も変え放題とはいきません。

一番安いコースでは1日78円ですが、それを高いと思うか、安いと思うかは人それぞれですね。

でもレンタルのおもちゃをすべて新品で買った場合よりはかなり安くなると思いますよ。

私の経験からだと、子供のおもちゃはプレゼントや自分で買ったものも含めると、確実に月平均3000円は超えていました。

第一子や一人っ子なんて特に、何が興味あるかわからないのでつい色々と買い与えてしまうんですよね。

キッズ・ラボラトリーを始めたら、我が家でのおもちゃは買い与えない!と決めるとかなりコスパがいいのではないかと思います。

デメリット4:返却が面倒

キッズ・ラボラトリーはおもちゃのレンタルなので交換時には返却が必要となります。

届いた段ボールに詰めなおして送るだけなのですが、小さいお子さんがいるお家ではそれもなかなか大変だったりしますね。

ただ、配送業者も集荷連絡すればお家まで取りに来てくれるので、基本家から出ることなく利用できます。

それに新しいおもちゃで遊ぶ姿を想像するだけでワクワクしますよね。

デメリット5:2020年1月15日から始まったばかりなので口コミが少ない

キッズ・ラボラトリーは2020年1月15日に始まったサービスなので、まだあまり口コミなどがありません。

ただ、新サービスということもありおもちゃの状態もよく新品の玩具も多いのではないかと思います。

2020年3月の時点では、オープン記念で人気ブランドのおもちゃを新品でお届けするキャンペーン中です。

新品のおもちゃが安くお試しでき、さらに気に入ったら安く買えるかもしれません。

キャンペーンはいつまでかわかりませんが、早いに越したことはないですね。

おもちゃのレンタルはお得なの?

総合的に見て、おもちゃのレンタルはお得なのかを考えてみました。

おもちゃレンタルがお得かは人によって違うと思うので、こういう方には向いている、こういう方には向いていない、というように状況によって分けてみました。

それぞれライフスタイルや考え方によって違うと思うので、どちらのタイプかは読んでみてくださいね。

キッズ・ラボラトリーがお得!と感じる方

  • 忙しくておもちゃを買いに行く暇がない
  • どんなおもちゃを買えばいいのかわからない
  • キャラ物のおもちゃはあまり好きじゃない
  • ブランドのおもちゃを使わせたい
  • 家の中をすっきりとさせたい
  • 転勤族なので荷物を増やしたくない
  • 一人っ子(もしくはその予定)
  • お家があまり広くない
  • ミニマリスト
  • エコロジスト

と忙しい方や物をあまり増やしたくない方は便利でお得!と感じると思います。

キッズ・ラボラトリーが向かない方

  • アンパンマンやトーマスなどのキャラクターものが欲しい
  • おもちゃのおさがりがけっこうある
  • 手作りが好きでおもちゃを作ってあげたい
  • 兄弟姉妹がいる(もしくはその予定)
  • 新品のおもちゃしか与えたくない
  • キッズ・ラボラトリーが高いと感じる

兄弟がいておもちゃがすでにたくさんある場合や、2人目3人目を考えている場合は買って使いまわした方がお得という場合もあります。

まとめ

以上が『キッズ・ラボラトリー』のメリット・デメリットについてでした。

メリットはやはり高いおもちゃがお試しでき、月例ごとにおもちゃをリニューアルできることだと思います。

デメリットは、気に入ったおもちゃが届かなかったりした場合ですが、リクエストやアンケート情報に答えていくことでデメリットも解消されていきます。

おもちゃレンタルはお得かどうか・・・はその家庭によりますが、値段さえクリアすればどなたでもお得で便利なサービスと思いますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

キッズ・ラボラトリーの退会・解約方法は?最低利用期間についても

キッズ・ラボラトリーの申し込み方法は?登録手順やクーポン入手方法と注意点のまとめ

キッズ・ラボラトリーの評判や感想を徹底調査!口コミや届いたおもちゃのまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました